ヒグマは怖い

実は私、一昔前にヒグマにはまってしまって、ヒグマの生態とかをすっごく調べていた時期があったのです。というのも、北海道の開拓時代に大きなクマが村の人たちほとんど是認を食べつくしたという事件を知ってからなのですが、クマって復讐をしたりもする危ない生き物なんですよねえ。子連れのクマなんて、とっても微笑ましいのですが、子連れのクマほど怖いものもいないし… 若いクマのほうが、人間をちょっとかじってみようかなって思うみたいで、食害とかも多いみたいですよね。極めつけは、アラスカのグリズリーが人を食べてしまったというやつで、ドキュメンタリーDVDを買ってしまいましたよ。それは、クマは友達といっていた素人だけどクマの研究見たいのをしていた人で、その人が死ぬ前の前日にグリズリーを撮影していたのですが、そのクマに食べられてなくなってしまったんですよねえ。そのクマはもちろん射殺されましたが、ガールフレンドに「逃げろ~!」といっているテープなどが残っていて心から恐怖でした(涙)。

コメントは受け付けていません。